Xシリーズ スペシャルサイト

Xシリーズ スペシャルサイト

XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR スペシャルサイト

富士フイルムイメージングプラザ

タッチ&トライ 手にとって製品を体験!

Xマウントズームレンズ

フジノンレンズ XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR

メーカー保証3年

超望遠ズームレンズ

軽量設計、強力な手ブレ補正機構、高速・高精度AFにより高画質な写真撮影を手持ちで楽しめる

型番
XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR
発売日
2022年7月14日
レンズ構成
17群24枚
(EDレンズ3枚、スーパーEDレンズ4枚)
焦点距離
f=150-600mm(35mm判換算:229-914mm相当)
画角
10.8°-2.7°
最大口径比(開放絞り)
F5.6-F8
 
最小絞り
F22
絞り形式
羽根枚数:9枚(円形絞り)
ステップ段差:1/3ステップ(全13段)
最短撮影距離
2.4m
(撮像素子面からの距離)
最大撮影倍率
0.24倍(テレ端)
外形寸法
φ99mm×314.5mm
(先端よりマウント基準面まで)
質量
約1,605g(レンズキャップ・フード・三脚座含まず)
フィルターサイズ
φ82mm
同梱品
レンズフロントキャップ FLCP-82 / レンズリアキャップ RLCP-001 / レンズフード / レンズポーチ / 三脚座 / ショルダーストラップ

【予約販売】
この商品は、予約注文受付中です。
商品のお届けは、発売日の2022年7月14日以降を予定しておりますが、予想を大幅に上回るお問合せをいただいており予定よりお届けにお時間をいただく可能性がございます。
同時に他商品をご注文いただいている場合は、この商品のお届け日となりますので、ご了承下さい。

在庫:

290,400円(税込)


※合計ご注文金額が30,000円(税込、クーポン・ポイント値引き後)以上、
お支払い金額が月々1,000円以上からご利用いただけます。

※配送はご注文者様のご自宅のみとなります。

お気に入りに追加

動画

特長

  • 高画質を追求した、「XFレンズ」史上最長(*1)の超望遠ズームレンズ

    望遠150 mm -超望遠600mm(35mm判換算:229 mm -914mm相当)の焦点距離を備えたズームレンズです。「XFレンズ」史上最長となる超望遠600mmにより、遠く離れた、野生動物・野鳥やスポーツ選手などの撮影に最適です。
    テレコンバーター「XF2X TC WR」「XF1.4X TC WR」に対応。なかでも「XF2X TC WR」との組み合わせにより、焦点距離300mm-1200mm(35mm判換算:457mm-1828mm相当)をカバーします。

    *1:2022年5月31日現在。

    高画質を追求した、「XFレンズ」史上最長の超望遠ズームレンズ

  • 高い解像性能

    EDレンズ3枚とスーパーEDレンズ4枚を含む17群24枚のレンズ構成により、超望遠レンズ特有の色収差を徹底的に抑制。ズーム全域で画像中心部から周辺部まで高い解像性能を発揮します。
    放送用レンズに使用される、当社独自の多層コーティング処理「HT-EBC(High Transmittance Electron Beam Coating)」をレンズ全面に施すことで、24枚のレンズを採用しながらも高い透過率と低い反射率を実現。シャープでクリアな写真を撮影できます。

    高い解像性能

  • 軽量設計とタフネスの両立により、シーンを問わず長時間での撮影の負担を軽減

    レンズ前玉にスーパーEDレンズを2枚使用することで、高い解像性能を維持しつつ、レンズ鏡筒の小型化を図るなど軽量設計を追求。超望遠600mm(35mm判換算:914mm相当)でありながら、質量約1,605g(*2)を実現しています。
    レンズ鏡筒をシンプルな構造にできる全長一定のインナーズームを採用。軽量化と同時に、重心バランスの変化が少ない快適なズーミングを可能とします。
    レンズ構成を支えるレンズ内部のベースフレームにマグネシウム合金を採用し、高剛性と軽量性を両立しています。
    レンズの本体色には、レンズの温度上昇を抑制するマットシルバーを採用。さらに、鏡筒の19ヶ所にシーリングを施した防塵・防滴・-10℃の耐低温構造を備えているため、炎天下や悪天候下での長時間撮影にも安心して使用できます。

    *2:レンズキャップ、レンズフード、三脚座を除いた質量。

    小型軽量により高い機動力を発揮

  • 5.0段(*3)の強力な手ブレ補正機能を搭載

    手ブレのセンシング精度などを大幅に向上させたことで、5.0段の強力な手ブレ補正機能を実現。標準レンズを扱う感覚で手持ち撮影が可能に。手元の1mmのズレが被写体のところで数センチの狂いを生む超望遠ではフレーミングの安定に繋がり、スローシャッターによる表現、三脚や一脚では難しかったアングルや不規則な動きへの対応もアシスト。

    *3:CIPA規格準拠ピッチ/ヨー方向。

    5.0段の強力な手ブレ補正機能を搭載

    ©Luciano Gaudenzio

  • 快適な操作で高速かつ静音なAFを実現

    小型軽量なフォーカスレンズ群をリニアモーターにより駆動させるインナーフォーカス方式を採用することで、広角端で最短約0.15秒、望遠端で最短約0.25秒(*4)の高速かつ静音なAFを実現。高度なピント合わせが求められる超望遠領域の撮影でも、被写体を素早く正確にとらえることができ、決定的瞬間を逃しません。

    *4:CIPAガイドライン準拠、内部測定方法。「FUJIFILM X-T4」装着時。位相差AF使用時、ハイパフォーマンスモードON時の望遠端でのAF速度。

    快適な操作で高速かつ静音なAFを実現

    ©Masami Tanaka

  • 「フォーカスプリセット機能」「フォーカスリミッター機能」を搭載

    「SETボタン」(*5)であらかじめ設定した位置にピントを瞬時に移動させることができるフォーカスプリセット機能を搭載。狙った被写体へのピントを再調整する必要がないため、撮影時の操作負担を軽減できます。
    ピント合わせの際にレンズの駆動範囲を制限するフォーカスリミッター機能(*6)を搭載。5m以上離れた被写体を撮影する時にレンズの駆動時間を短くすることができ、高速AFを実現します。
    レンズ鏡筒の先端部に「フォーカスコントロールボタン」(*5)を配置。「フォーカスセレクトスイッチ」(*5)で割り当てたお好みの機能を瞬時に呼び出して、スムーズなAF操作を可能とします。

    *5:「SETボタン」「フォーカスコントロールボタン」「フォーカスセレクトスイッチ」の作動には、カメラ本体のファームアップが必要。現行機種「FUJIFILM X-T4」「FUJIFILM X-T3」「FUJIFILM X-S10」については今後ファームアップを行う予定。

    *6:フォーカスリミッター機能は「撮影距離範囲切り換えスイッチ」により作動できます。

    「フォーカスプリセット機能」「フォーカスリミッター機能」を搭載

レンズ構成

  • 12群17枚

MTF チャート

縦軸:コントラスト

横軸 : 画面中心からの距離

S:Sagittal(同心円方向)

M:Meridional(放射方向)

ワイド端

  • 空間周波数 15本/mm

    MTF チャート
  • 空間周波数 45本/mm

    MTF チャート

テレ端

  • 空間周波数 15本/mm

    MTF チャート
  • 空間周波数 45本/mm

    MTF チャート

製品の作例

  • 製品の作例

    ©Tadateru Takahashi

    [撮影カメラ] FUJIFILM X-H2S

  • 製品の作例

    ©Kiko Arcas

    [撮影カメラ] FUJIFILM X-H2S

  • 製品の作例

    ©Daniel Tengs

    [撮影カメラ] FUJIFILM X-H2S

  • 製品の作例

    ©Daniel Tengs

    [撮影カメラ] FUJIFILM X-H2S

  • 製品の作例

    ©Ulet Ifansasti

    [撮影カメラ] FUJIFILM X-H2S

  • 製品の作例

    ©Tadateru Takahashi

    [撮影カメラ] FUJIFILM X-H2S

カートに戻る